ディリップチャリティウォーク

ディリップ・BK・シュナール

ディリップ・ビーケー・シュナール
Dilip・BK・Sunar

日本ネパール友好センター
代表・設立者

ネパール出身。日本に11年間在住。社会活動家。
日本と日本人・ネパールをこよなく愛する国際人。

オーストラリアと米国で教育を受け、社会科学と政治学について学んだ後、母国ネパールの兄弟達と共に、ネパールの貧しい子供たちへの教育支援活動を行う。

その後、後に妻になる札幌市出身の女性を頼って来日。

母国の社会問題を支援するためのNGO活動を始める。
2010年には寄付を募り、地元ポカラ市に学校を建設し、2012年にはこども達の為の図書館を建設。

3.11東日本大震災後、日本の復興について話し合うべきである、という思いからTEDxSapporoを設立。
2012年2月北海道初のTEDxイベントTEDxSapporoを開催。

TEDxSapporoからはじまったコミュニティーは、北海道内の大学にも広がり、大学ではTEDxイベントも行われた。
2014年を最後にTEDxSapporoの代表を卒業。

日本の様々なクリェイティブ産業のプロジェクトリーダー、日本法務省入国管理局での職務経歴を持つ。
2014年12月には、北海道の楽しい人100人に登壇。

現在は、ネパールが震災に見舞われたためネパール、特にシンドゥーパルチョーク地区の復興のための支援を募るために来日中。

● 日本ネパール友好センター代表・設立者
日本・ネパール友好センター
● NGO つぼみ学校ポカラ
NGO つぼみ学校ポカラ
● TEDxSapporo 設立者兼アドバイザー Founder & Advisor
TEDxSapporoでのディリップ
● ディリップのfacebookページ
facebook

ディリップの想い

「阪神・東北・ネパール みんなで震災のこと話したいです」
日本の東北や神戸の震災被害地域の住民の皆様とお会いして、災害復興のための知恵「Wisdom」やアドバイスをもらい、ネパールに持って帰るために僕は歩く。
日本とネパール、それぞれが持っている素晴らしい知恵を見い出し、交流を深めることでお互いが役に立つ環境を作りたい。
日本とネパールの新しいコネクション・人脈・つながりも作りたい。

Walk with Nepal

Walk with Nepalとは、ネパールのために歩くこと、そして、ネパールとともに歩むという意味が込められています。